~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策6

今回も自立支援について書いてみたいと思います。

前回も声かけに触れましたが、

ご自分でできるか否かがわからない場合ってありますよね?

その時にどう声かけたらいいか分からないこともありますよね?

そんな時に有効なのが

「○○してみてください」

という言葉。

靴を履いてみてください、

と言えば、自分でできることはすると思います。

カラダを前に移動する場合は、

右側は自分で行なってみてください、左は介助します・・・

なんて言葉はいりません。

カラダを前に動かしてみてください、

と言えば、自分のできる力を使って行うと思います。

上手な言葉を使って、

合格を目指しましょう!!
スポンサーサイト


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策5

第24回介護福祉士国家試験の学科試験の合格発表がありました。

合格された方、おめでとうございます。

さて、それでは実技試験の勉強を始めましょう!!

今回で5回目になりましたが、

今回からは、キーワードごとにどういうことなのか、

解説していきたいと思います。

まあ比較的わかりやすいのが自立支援ですかね。

自立支援って、

簡単にいうと、

できるところは自分で行なっていただく・・・

ということ。

そして、できそうなところもがんばってもらおう・・・

ということ。

まあ試験では前者の方がほとんどですね。

一つの動作ごと、

できるかの確認が必要です。

極端なことをいえば、

寝ている布団を取る動作、

これも出来るかどうかの確認が必要・・・

ということです。

確認してみて、

できないとの反応があるか、

反応がない場合は介助をしていまっていいと思います。

ただ、この介助をするしないは、

実際の場面ではなく試験特有の解釈と思ってください。

まあ試験中は、常に声かけしないといけないということです。

そして、言葉だけでできるだけおこなっていただく・・・

これが大事です。


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策4

前回、実技試験の答えは一つでは無いと書きました。

しかし、参考書等には答えが載っています。

それを見ると、

それしか答えが無いと勘違いして

その通りに行おうとして機械的な覚え方をしてしまいます。

学科試験のような記憶の勉強をしてしまいます。

たしかに試験ですから間違えたくないので、

正解を覚えようとします。

気持ちはすごくわかります。

しかし・・・

その時までどんな問題が出るかわかりません。

それならいろいろなバリエーションで覚える必要があります。

この時はこの方法・・・

なんて覚えていったら覚えないといけないものが、

膨大な量になってしまいます。

そんな勉強法でなく、

なんども言いますが、

3つのキーワードに当てはまるかはまらないか?

これを頼りに勉強されるといいと思います。


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策3

今回で3回目になりました。

だんだん学科試験の発表になりますね。

実技試験の勉強を始めていると思います。

3つのキーワードの話を書いてきました。

ホントにこの3つのキーワードさえ守れば、

試験は合格します!!

ですから、

必ず覚えてください!!

安全・安楽、

自立支援、

尊厳。

この3つ。

私もそうでしたが、

実技試験の勉強って、

過去問題を解いたりしてきました。

実際の場面とは、

別だと言う感覚もありましたね。

でも、

今考えると、

そうではなかったですね。

その頃は、

そんなキーワードなんてなかったですから余計ですね。

こうするもんだ・・・

なんて感じで勉強していました。

しかし、

そうではなかったですね。

実際の介護場面で、

キーワードからケアを考える。

この練習はすごく役に立ちますね。

そして、

さまざまな考えができます。

そこもいい勉強になります。

過去問題とかは、

答えは一つしかありません。

しかし、実技試験は、

答えはひとつではありません。

キーワードを守るか守らないか?

これが答えです。


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策2

前回は、

介護福祉士実技試験合格のキーワードを書きました。

この3つのキーワードを守るか守らないかで

合格、不合格が決まります。

必ず守らないといけません。

実際にどうすればいいか?

簡単にできることは、

実際の介護場面で、

介助を行う際に、

3つを考えることです。

自立支援の介助方法はどうすればいいか?

危険がない介助方法はどうすればいいか?

ご利用者本位にする声かけや方法はどうすればいいか?

を。

また、介助後、

どうだったかを振り返ることです。

日頃から考えながら動く・・・

これが、実際の試験でもでてきます。

練習の機会を増やす上でも、

実際の介護場面で想定する・・・

これが良いのだと思います。


第24回介護福祉士国家試験実技試験対策1

今年も介護福祉士の学科試験が終わりました。

前回の記事で解答速報の情報を載せました。

さて、今回からは毎年恒例の実技試験対策を書いていきたいと思います。

まず最初の今回は、

この試験に合格するキーワードを載せたいと思います。

そのキーワード。

まあ毎年書いているのでお分かりの方もいらっしゃると思いますが。

まず一つは、

安全・安楽です。

危険があったり、楽でないと良くないですからね。

二つ目は、

自立支援です。

自分で出来る時は行っていただくことは、自信やこれからの生活で大切ですからね。

最後の三つ目は、

尊厳です。

その方のことを大事にすることはとっても大切なことです。

以上、

この三つがキーワードです。

このキーワードを守れば合格。

守らないと不合格。

といっても過言ではありません。

必ず覚えてくださいね。


  TopPage  



Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。