~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -100- 認知症の方の事故21  TopPage  コラム -98- 認知症の方の事故⑲ >>

コメント

やはり安定感から考えればスリッパよりも靴のほうが断然上で転倒の確率は少ないです。(スリッパはかかとが固定されないので不安定です)

ではなぜ靴で歩く際につまづくことがあるのか。それは高齢者の方々は足を振り出した際につま先が上がっていないという点が挙げられます。

つま先が垂れ下った状態で足を振り出して床に接地すると、若い人でも靴の裏の滑り止めの作用でつまづいていまいます。(ぜひ試してみてください。きっとatsuさんでもつまづきますよ~)

僕はこういった方々には座ってつまさきをあげる筋肉を使う練習をしています。もしよろしかったら参考にどうぞ^^

①椅子に座ってかかとを床につけてつま先あげの練習
②背もたれのある椅子にすわって投げ輪の操作(介助者が手で投げ輪を持ち、利用者さんの足でキャッチしてもらい、三角コーンなどにひっかけてもらいます。これは足の振り出しの運動によく似ているのでいい練習だと思います。ですが座位バランスのわるい利用者さんだと身体が後ろにつんのめってしまうこともあるので要注意です)

2008.08.09   クロメガネ   編集

クロメガネさんへ

コメントありがとうございます。

練習方法まで教えていただきありがとうございます。
是非参考にさせていただきたいと思います。

ただ・・・、
もちろん、靴の方が安全なのは分かります。
しかし、室内で靴を履いた経験の少ない認知症の方はどうなのかな?とおもいます。
これまでの生活を考えたりするとどうなのかと思います。

2008.08.09   atsu   編集

確かにおっしゃる通り。でも個人的には転倒のリスクを考慮すれば認知症の方でも靴での歩行がいいと思います。高齢者であればあるほど転倒→骨折→寝たきりというリスクは高まります。その上で活動性を制限しないとなれば靴という選択肢もありかと。。確かに入所前の生活を考慮すれば難があるかもしれませんけど^^;

やはりリハ的意見と介護的意見の差かもしれませんが、「活動性を落とさず、転倒のリスクを0に」とどうしても考えてしまいますね^^;

2008.08.12   クロメガネ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/119-3c125708


コラム -99- 認知症の方の事故⑳

前回までは、歩こうとする理由について書きました。
認知症の方は歩けないことを理解できなかったり、
歩けなくても歩かなくてはいけない理由があると歩こうとされる。
もちろんそこを考えることは重要です。

もう一つ重要なのは、安全に歩行できるようにその方にあった対策をとっているかです。
ふらつきがあっても工夫次第では安全に歩行できたりすると思います。
その観察するポイントと対応策について書いていきたいと思います。

まず今回は、『靴』です。
靴は滑らない!!踏ん張れる!!など安全に見えます。
しかし、危険もあります。
それは『滑らない』ということです。
歩行の仕方でしっかり足を上げて歩いている方もいらっしゃいますが、
足を摺って歩く方もいらっしゃいます。

その方が室内で靴を履いたら・・・滑らないから足が引っかかりますよね?
皆さんも体育館などで運動をすると滑らなくて足が引っかかった経験はありませんか?
それと一緒で靴を室内で履くと引っかかってしまうんです。
それが原因でバランスを崩し転倒することもあると思います。

認知症の方は靴が滑らないから・・・なんて考えずらいと思います。
そんなことより、しなければいけないことがあるのですから!!

そんな方にはスリッパを使用したりすることも一つなのでは?と思います。
そんなところにも配慮することも大切だと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -100- 認知症の方の事故21  TopPage  コラム -98- 認知症の方の事故⑲ >>

コメント

やはり安定感から考えればスリッパよりも靴のほうが断然上で転倒の確率は少ないです。(スリッパはかかとが固定されないので不安定です)

ではなぜ靴で歩く際につまづくことがあるのか。それは高齢者の方々は足を振り出した際につま先が上がっていないという点が挙げられます。

つま先が垂れ下った状態で足を振り出して床に接地すると、若い人でも靴の裏の滑り止めの作用でつまづいていまいます。(ぜひ試してみてください。きっとatsuさんでもつまづきますよ~)

僕はこういった方々には座ってつまさきをあげる筋肉を使う練習をしています。もしよろしかったら参考にどうぞ^^

①椅子に座ってかかとを床につけてつま先あげの練習
②背もたれのある椅子にすわって投げ輪の操作(介助者が手で投げ輪を持ち、利用者さんの足でキャッチしてもらい、三角コーンなどにひっかけてもらいます。これは足の振り出しの運動によく似ているのでいい練習だと思います。ですが座位バランスのわるい利用者さんだと身体が後ろにつんのめってしまうこともあるので要注意です)

2008.08.09   クロメガネ   編集

クロメガネさんへ

コメントありがとうございます。

練習方法まで教えていただきありがとうございます。
是非参考にさせていただきたいと思います。

ただ・・・、
もちろん、靴の方が安全なのは分かります。
しかし、室内で靴を履いた経験の少ない認知症の方はどうなのかな?とおもいます。
これまでの生活を考えたりするとどうなのかと思います。

2008.08.09   atsu   編集

確かにおっしゃる通り。でも個人的には転倒のリスクを考慮すれば認知症の方でも靴での歩行がいいと思います。高齢者であればあるほど転倒→骨折→寝たきりというリスクは高まります。その上で活動性を制限しないとなれば靴という選択肢もありかと。。確かに入所前の生活を考慮すれば難があるかもしれませんけど^^;

やはりリハ的意見と介護的意見の差かもしれませんが、「活動性を落とさず、転倒のリスクを0に」とどうしても考えてしまいますね^^;

2008.08.12   クロメガネ   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/119-3c125708




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。