~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -149- 介護技術の話⑩  TopPage  コラム -147- 介護技術の話⑧ >>

コメント

はじめまして。
ケアウェルと申します。

私は、在宅のヘルパー&ヘルパー2級講座の講師をしています。

今回出題された問題は、日常起こりうる設定になっていますね。
ただ、試験は5分間という限られた時間のため、受験された方はとても緊張されたと思います。

私も、介護ブログを書いております。
良かったら、こちらにもお越し下さい。
よろしくお願いします。

2009.03.03   ケアウェル   編集

ケアウェルさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます。

そうですね、
今回の出題は、起こりうる設定だと思います。考えやすいともいえると思います。
しかし、考えやすいが上の難しさがあるのも事実だと思います。

是非そちらのブログも覗かせていただきます。

2009.03.03   atsu   編集

atsu さん

こちらこそ、ありがとうございました。

現場では、同じケア内容でも、その時の状況や利用者様の状態によって、すべて違いますよね。
だから、オーソドックスなケアであればある程、考えてあたらなければなりませんよね。

また、お伺いいたします。よろしくお願いいたします。

追伸
リンクをはらせていただきました。
こちらも、よろしくお願いいたします。

2009.03.05   ケアウェル   編集

ケアウェルさんへ

コメントありがとうございます。

そうなんです。一人ひとり状況は違いますからね!!
今回の受験者の方々は悩まれたのでは?と思います。

こちらこそよろしくお願いします。

2009.03.06   atsu   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/184-8981e3c9


コラム -148- 介護技術の話⑨

先日の介護福祉士実技試験を受験された方、お疲れ様でした。
いかがだったでしょうか?

さて今回は、
今回行われた第21回介護福祉士実技試験の問題を考えてみたいと思います。

課題は、
田村としさん(79歳)は右上下肢に麻痺があります。
つかまれば立位はとれますが、歩行はできません。
衣服の着脱や車いすへの移乗には一部介助が必要です。
車いすの移動は全介助です。昼食時に食べこぼして上衣が汚れました。
自室に戻って着替えることを望んでいます。
食堂のいすに座っている田村さんを自室まで車いすで移動介助し、
上衣を着替えるまでの介助をしてください。
なお、車いすの点検はすんでいます。
田村さんは「はい」または「うなずく」のみです。
           (試験時間は5分間以内です。)

という、問題でした。

まずは、問題を分析してみましょう!!
まず、田村としさんの情報収集から。
右上下肢麻痺、つかまり立ち可、歩行不可、更衣・移乗一部介助、
車イス全介助、この情報から、田村としさんをイメージします。

次に介助の手順を考えます。
大きく分けて、車イスへの移乗、車イスでの移動、更衣。

その行為と、田村としさんの状態を考え、
安全、安楽、自立支援の観点を加えて、介助方法を考えます。

安 全   = 危険でない、危険行為のない、危険の及ぼす可能性がないなど
安 楽   = 苦痛でない、苦痛の及ぼす可能性がない、苦痛でないかの声かけなど
自立支援 = 残存能力を使う、人の動作のメカニズムを理解した介助・声かけなど

それでは、次回実際の介助はどうするか考えてみたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -149- 介護技術の話⑩  TopPage  コラム -147- 介護技術の話⑧ >>

コメント

はじめまして。
ケアウェルと申します。

私は、在宅のヘルパー&ヘルパー2級講座の講師をしています。

今回出題された問題は、日常起こりうる設定になっていますね。
ただ、試験は5分間という限られた時間のため、受験された方はとても緊張されたと思います。

私も、介護ブログを書いております。
良かったら、こちらにもお越し下さい。
よろしくお願いします。

2009.03.03   ケアウェル   編集

ケアウェルさんへ

はじめまして
コメントありがとうございます。

そうですね、
今回の出題は、起こりうる設定だと思います。考えやすいともいえると思います。
しかし、考えやすいが上の難しさがあるのも事実だと思います。

是非そちらのブログも覗かせていただきます。

2009.03.03   atsu   編集

atsu さん

こちらこそ、ありがとうございました。

現場では、同じケア内容でも、その時の状況や利用者様の状態によって、すべて違いますよね。
だから、オーソドックスなケアであればある程、考えてあたらなければなりませんよね。

また、お伺いいたします。よろしくお願いいたします。

追伸
リンクをはらせていただきました。
こちらも、よろしくお願いいたします。

2009.03.05   ケアウェル   編集

ケアウェルさんへ

コメントありがとうございます。

そうなんです。一人ひとり状況は違いますからね!!
今回の受験者の方々は悩まれたのでは?と思います。

こちらこそよろしくお願いします。

2009.03.06   atsu   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/184-8981e3c9




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。