~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 第1回介護技術研究会喜多方部会開催!!  TopPage  第12回ケアの楽校定例会開催!! >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/189-56cbd388


コラム -152- 介護技術の話⑬

第21回介護福祉士実技試験を考える。

今回で5回目。
今回は、最後まで行きたいと思います。

問題はこうでした。

田村としさん(79歳)は右上下肢に麻痺があります。
つかまれば立位はとれますが、歩行はできません。
衣服の着脱や車いすへの移乗には一部介助が必要です。
車いすの移動は全介助です。昼食時に食べこぼして上衣が汚れました。
自室に戻って着替えることを望んでいます。
食堂のいすに座っている田村さんを自室まで車いすで移動介助し、
上衣を着替えるまでの介助をしてください。
なお、車いすの点検はすんでいます。
田村さんは「はい」または「うなずく」のみです。
           (試験時間は5分間以内です。)

前回で、車イスでの移動までできました。

今回は、更衣です。
まず、着替えることを伝え、更衣介助をします。
皆さん分かっているとは思いますが、
『脱健着患』なんて四字熟語があります。
脱ぐときは健側から、着るときは患側から、
の介助方法を表したものです。
どうしてそうするかは分かりますよね?
ご自分で片マヒの想定で、一人で服を脱いで見てください。
納得できると思います。

右マヒの田村さんは、左側から脱いでいきます。
自立支援の観点から、できるところは声かけをしてご自分でしていただかなければいけません。
声かけしてできないところを介助すればよいのですが、
基本的なことを言えば、左腕を脱ぐとき、左肩を脱ぐときには介助が必要だと思います。
そこまで介助すれば左手を使って脱ぐことができると思います。
うまく声かけして誘導することです。
“左手で右手の袖を引いて脱ぐことはできますか?”など・・・。

続いて、着ていきます。
今度は右側から。
右腕は左手を使って袖を着ることができると思います。
そしたら、背中は介助が必要かと思います。
左腕は、介助者がモデルの左手を入れられるように服を持ちます。
自分で左腕を通してもらって更衣を終わります。
ボタンのある上着なら、左手でボタンをはずしたりはめたりできるかの確認が必要です。
(私は、問題しか読んでいないのですみません。)

最後に気分の確認をして、終わります。

こんな感じでいかがでしょうか?
私なりの解釈をしてみました。
スポンサーサイト

<< 第1回介護技術研究会喜多方部会開催!!  TopPage  第12回ケアの楽校定例会開催!! >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/189-56cbd388




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。