~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -14-  TopPage  コラム -12- >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.05.06      編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/20-802c49f1


コラム -13-

 今回は、転倒について書いてみたいと思います。
 みなさん、どこの事業所でもリスクマネージメントを行っていると思います。転倒などの事故についても事業所ごとに対策があると思います。
 しかし、転倒する危険があるからといって、ご利用者様の生活を縛ってしまっていませんか立ち上がり行為・・・これがいい例ですね。立ち上がり行為・・・このネーミング自体が利用者目線ではなく自分目線ですけどね・・・。立ち上がり行為といわれるものは、認知症などから、脚力・歩行能力の低下を認知・理解できずに“歩行できる”とご利用者様本人は思っていて、それで歩行しようとしてしまう為、ふらついて転倒・・・そんな危険を伴う方につく言葉ですよねこの行為のある方への対策はたいてい“見守り”です。見守りって何をするかそれは立ち上がったら座らせること・・・ではないですか
それじゃ、どうすればいいのかそれは各事業所によってすることも違うし、なにより利用者一人ひとり違います。その利用者にあった対策で対応していくしかないと思います。ただ、ご利用者様一人ひとりがどうしてそうするのかちゃんと考えることだと思います。できると思っているご利用者様は、もちろん、なにかしたくてどこか行こうとしているのです。利用者目線で言えば、なにも変なことはしていないのです。それを職員は自分目線で問題にしてしまっているのです!!立ち上がる・・・そこしか見ていないから“問題”という概念でとらえてしまうのです。何がしたいのか何を思ってそうするのかを考えると簡単に“問題”にはならないと思います。転倒の対策・・・それは、転倒しないようにすることではなく、やっぱりご利用者様本人を理解すること・・・ではないでしょうか
スポンサーサイト

<< コラム -14-  TopPage  コラム -12- >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.05.06      編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/20-802c49f1




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。