~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -173- 介護技術の話33  TopPage  コラム -171- 介護技術の話31 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/212-e7201bde


コラム -172- 介護技術の話32

歩行について・・・。

実際の介護の場面での介護技術について書いていきたいと思います。

どちらかと言うと、介護技術というか、介護の工夫と言ったほうが良いかな?と、思います。

今回は、手引き歩行の場面を考えてみたいと思います。

皆さん、歩行が不安定な方の介助によく使われると思います。

介護の仕事をされている方は、必ず1日1回は、していますね?

そのくらい多用している手引き歩行ですが、手をどのように引いていますか?

手をグイグイ引っ張っていませんか?

手引き歩行は、職員の手引きによってご利用者が歩いていただく、と言うことではないと思います。

ちょっと分かりにくいかも知れませんが・・・。

歩行の手助けをする為に手を引くのです。

ご利用者が足を出しやすいように、歩きやすいようにする為に、手を引くのだと思います。

手を引くというか、手をつないで支える、
と、いうことのほうが当たっているような気がします。

結構、手を引かれてしまうと、歩きにくいものですよ!!
スポンサーサイト

<< コラム -173- 介護技術の話33  TopPage  コラム -171- 介護技術の話31 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/212-e7201bde




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。