~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -174- 介護技術の話34  TopPage  コラム -172- 介護技術の話32 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/213-39b28f97


コラム -173- 介護技術の話33

歩行について。

今回も、介護技術というより、介護の工夫ですね。

前回、手引き歩行について書きました。
今回も、もう少し書いてみたいと思います。

手引き歩行をするとき、ご利用者にどこをつかんでいただいてますか?

「手引き」というからには、もちろん、手なのですが・・・。

てのひらとてのひらで握り合うようにつかんでいますか?
手引き歩行というと、大体そういうイメージですよね?

しかし、膝の弱い方や筋力の低下している方は、
歩行中、いつ自分の体を支えられなくなるか分かりません。

そんな方への手引き歩行するときに、
てのひらとてのひらでは私達介護者も支えられないですよね?

そこで、ご利用者に介護者の前腕を上からつかんでいただき、
私たちは、つかんでもらったら下からご利用者の前腕をつかみます。

そうして歩くと・・・

ご利用者と介護者の距離も近くなり、
また、接点が増えるので、安定します。

歩行器をイメージすると分かりやすいと思います。
歩行器のつかみ方と同じですよね?

そう!!

私たち介護者は、ご利用者の歩行器になるわけです。
スポンサーサイト

<< コラム -174- 介護技術の話34  TopPage  コラム -172- 介護技術の話32 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/213-39b28f97




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。