~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -175- 介護技術の話35  TopPage  コラム -173- 介護技術の話33 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/214-b4753249


コラム -174- 介護技術の話34

歩行について

前回の話、どうでしたか?

手引き歩行の仕方ってさまざまなんです。
っていうか、さまざまな手引き歩行があっていいと思います。

その方の歩行能力、性格、癖など・・・、その方によって違います。
だから、その人によって歩行も違います。

ということは?

もちろん、手引き歩行の仕方も違っていいわけです。


さて、今回は?

手引き歩行の番外編。
依存心がある方の手引き歩行について。

依存心がある方って、手引き歩行をするとき、職員の手に頼りっきりになることが多いです。

すると、重心が前に来てしまい、前かがみになってしまします。

そんな歩き方って・・・。

決して、自分で歩いているとは言えないと思います。

手引き歩行って、自分で歩くことの介助の一つですから!!

そんな方への対応として、
私は、片手だけ手をつかんで、もう片方は手を振って歩いてもらうようにします。

すると、自分でバランスをとらなくてはいけない為、職員の手に頼ることがなくなります。

こんな方法もありますが、さまざまな方がいるので、
この方法が良いと言うことはないのですが・・・。

次回も、歩行について書きたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -175- 介護技術の話35  TopPage  コラム -173- 介護技術の話33 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/214-b4753249




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。