~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -183- 介護技術の話43  TopPage  コラム -181- 介護技術の話41 >>

コメント

小さなエピソード

こんにちは。
小学生に介護の喜びを伝えるために紙芝居を作ります。そこで小さなエピソードを募集しています!
介護のやりがい、楽しかったことや嬉しかったことなどをコメントで教えていただけたら幸いです!
よろしくお願いします♪

2009.08.05   satoo   編集

satooさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
エピソード書かせていただきました。
よろしくお願いします。

2009.08.05   atsu   編集

初めまして

ブログを拝見させていただきました。

同じような境遇の方のために
ランキングアップさせてこのブログを
沢山の方に見ていただいたらいかがですか?
ランキングが上位にあがるといろいろな面で
すぐ結果が伴ってくるので面白いですよ。

またお邪魔させてもらいます。

2009.08.07   UP   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/222-3c2773fa


コラム -182- 介護技術の話42

歩行について。

今回は独歩だけど、不安が・・・

なんて方へのアプローチ!!

さりげない見守りについて書きたいと思います。

まず・・・、心を鬼にすること!!

・・・ですかね?

そうでないと、見ていられないですから・・・。

見ていると、手を出さないではいられないですからね。

そして、できるだけ後ろからの見守りをしてください。

前からの見守りだと、ご利用者が頼ってしまいます。

まあ、それでも後ろについていればさりげなくはないですけどね・・・。

さりげなくとは・・・

遠めに見ていること。

けど、眼の届くところにいること。

チョットその距離感は難しい。

技量やセンスなどから、距離は人それぞれ違います。

介護者一人ひとりがその距離感を分かり介助に当たることが大切です。

まずは、一人ひとりが持つできる距離感を図ることがさりげない見守りができる第1歩だと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -183- 介護技術の話43  TopPage  コラム -181- 介護技術の話41 >>

コメント

小さなエピソード

こんにちは。
小学生に介護の喜びを伝えるために紙芝居を作ります。そこで小さなエピソードを募集しています!
介護のやりがい、楽しかったことや嬉しかったことなどをコメントで教えていただけたら幸いです!
よろしくお願いします♪

2009.08.05   satoo   編集

satooさんへ

はじめまして。
コメントありがとうございます。
エピソード書かせていただきました。
よろしくお願いします。

2009.08.05   atsu   編集

初めまして

ブログを拝見させていただきました。

同じような境遇の方のために
ランキングアップさせてこのブログを
沢山の方に見ていただいたらいかがですか?
ランキングが上位にあがるといろいろな面で
すぐ結果が伴ってくるので面白いですよ。

またお邪魔させてもらいます。

2009.08.07   UP   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/222-3c2773fa




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。