~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -217- 介護福祉士 実技試験 対策 5  TopPage  コラム -215- 介護福祉士 実技試験 対策 3 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/256-a7122c13


コラム -216- 介護福祉士 実技試験 対策 4

第20回介護福祉士実技試験問題の解説、今回で3回目。

まず問題を振り返ります。


鈴木良さん(85歳)は、右半身に麻痺があり、起き上がりや歩行に一部介助が必要です。

今日は、体調不良のため部屋で食事をすることを望んでいます。

ベッドで側臥位になっている鈴木さんをテーブルまで歩行介助し、

いすに腰掛けさせ、食事ができる姿勢にしてください。

その後、おしぼりで手を拭き、飲み物を用意してすすめるまでの介助をしてください。

なお、鈴木さんの履物は省略します。鈴木さんは、「はい」または「うなずく」のみです。

(試験時間は5分間以内です。)

でした。

それでは、動作の解説をしていきましょう。

前回のおさらいですが、

あいさつをして、今回の動作の説明と同意を得ます。

体調の確認をして、初めて動作に移ります。

鈴木良さんは、右マヒの方。

ということは、起き上がりの為には、左側臥位になっていただかなくてはいけません。

なぜか?

マヒ側から起き上がることが難しいですもんね。

また、側臥位で横になっているのですから、

左側臥位で臥床されている場合は、そのまま起き上がりに入ればよいですが、

もし右側臥位で臥床されているときは、体位変換の必要がありますね。

さて、起き上がりの手順ですが、まず体を横に向ける必要があります。

それはなぜか?

皆さん、起き上がるときほぼ横を向いて起きてますよ!!

やってみると分かりますよ!!

それで、横を向いたら、手を使って起き上がります。

起き上がりにも、手の着く場所、介助の入れる場所など細かい工夫や手順があります。

起き上がったら、足を出して、

座位を取っていただきます。

そのときも体調の確認はお忘れなく。

次に立ち上がりと歩行になりますが、

そこは次回にしたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -217- 介護福祉士 実技試験 対策 5  TopPage  コラム -215- 介護福祉士 実技試験 対策 3 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/256-a7122c13




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。