~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -219- 介護福祉士 実技試験 対策 7  TopPage  コラム -217- 介護福祉士 実技試験 対策 5 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/258-1dacf460


コラム -218- 介護福祉士 実技試験 対策 6

第20回介護福祉士実技試験問題の解説、5回目。

問題を振り返ります。

鈴木良さん(85歳)は、右半身に麻痺があり、起き上がりや歩行に一部介助が必要です。

今日は、体調不良のため部屋で食事をすることを望んでいます。

ベッドで側臥位になっている鈴木さんをテーブルまで歩行介助し、

いすに腰掛けさせ、食事ができる姿勢にしてください。

その後、おしぼりで手を拭き、飲み物を用意してすすめるまでの介助をしてください。

なお、鈴木さんの履物は省略します。鈴木さんは、「はい」または「うなずく」のみです。

(試験時間は5分間以内です。)

でした。

さて、前回で立ち上がりまでできたと思うので、

今回は、歩行介助をして座っていただきたいと思います。

まず歩行介助ですが、麻痺側に立つのは分かりますよね!!

本来なら、本人の状況でいろいろ介助方法があって、その人によって変わってくるはずなのですが、

ここでは、一般的な方法で歩行介助をしたいと思います。

この方の場合は、右麻痺で歩行一部介助。

そして、杖などは使わずに歩行できるのですから、

立位は比較的安定していると考えられます。

その情報から、

まず、右側に立つ、

そして、後方より支えます。

介助者の手の位置ですが、

右手は、鈴木さんの前方より脇を支え、

左手は、腰を支えます。

そして、左足より足を出して歩いていだたくよう声をかけます。

介助は、押したり引いたりせず、

鈴木さんのペースに任せて歩きます。

いすの前まで来ました。

イスの右側に誘導してくださいね!!

右麻痺なんだから。

テーブルの前まで誘導して、

後ろのいすを確認してもらいながら座っていただきます。

テーブルに手をついて、

イスを見ていただきながら座ってもらってもいいと思いますし、

イスに左手をついて座っていただいてもいいと思います。

介助者の手は、あまり力を入れず、鈴木さんに任せていいと思います。

座ったら、奥に腰掛けていただくよう声をかけて、

腰掛けていただきます。

次は、おしぼりと飲み物を用意しますが、

それはまた次回にしたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -219- 介護福祉士 実技試験 対策 7  TopPage  コラム -217- 介護福祉士 実技試験 対策 5 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/258-1dacf460




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。