~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -237- 第22回介護福祉士実技試験解説2  TopPage  コラム -235- 第22回介護福祉士実技試験問題 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/277-74b5e2c4


コラム -236- 第22回介護福祉士実技試験解説①

今回より何度かに分けて、

第22回介護福祉士国家試験実技問題の解説を書いていきたいと思います。

さて、もう一度問題を抑えてみます。

金子薫さん(80歳)は左上下肢に麻痺があり、歩行はできません。

起き上がりと立位には一部介助が必要です。

金子さんは、ポータブルトイレでの排せつを希望しています。

ベッドで仰臥位になっている状態から

ポータブルトイレに座るまでの介助を行ってください。

なお、金子さんは、あなたの介助に同意しています。

金子さんは「はい」または「うなずく」のみです。

(モデルはズボンの下にスパッツをはいていますが、

下ろすのはズボンだけです。)

(試験時間は5分以内です。)

という問題でした。

ポイントは前回のブログに載せていますので、

今回は、介助の手順に解説していきたいと思います。

まず、

モデルの方に、

介助の同意は得ているとはいえ、

尊厳というキーワードからポータブルトイレに行くことを声かけます。

そして、安楽というキーワードから体調を確認し、介助に移ります。

さて、左半身麻痺の方の起き上がりです。

もちろん、介助者は健側に立って介助を行います。

起き上がりの手順はどうでしたっけ?

右側臥位への体位変換、

右手を使って上体を起こし、

足を下ろして起き上がりができましたよね?

そのときに自立支援と言うことで右手右足をどう使うかが見られていると思います。

そして、ポータブルトイレへ移乗していきますが、

それはまた次回にしたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -237- 第22回介護福祉士実技試験解説2  TopPage  コラム -235- 第22回介護福祉士実技試験問題 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/277-74b5e2c4




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。