~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -241- 介護の基本 体位変換改め寝返り介助編 -3-  TopPage  コラム -239- 介護の基本 体位変換編 -1- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/281-75a10d37


コラム -240- 介護の基本 体位変換編 -2-

前回より、

介護の基本動作について、実際の例題を出して解説しています。

今回は、体位変換編の2回目。

前回は、

体位変換の動作について例題を出して、解説しました。

その流れの続きになりますが・・・

それでは、例題を出します。


Aさん(86歳)女性、左麻痺があります。

右側臥位で横になっています。

体位変換も全介助です。

右側臥位のまま、安楽な体位を取らせてください。


という例題。

どうでしょう?

今回は安楽な体位にするという問題。

右側臥位だけでは、安楽とはいえません。

それも全介助の方なら筋力も低下しており、

なおさら安楽とはいえません。

では、どうするか?

クッション等の活用と、

右側臥位の体位の工夫です。

体位はどうするか?

さまざまな側臥位の方法がありますが、

一つとしては、

右にしっかり向いていただきます。

左足の方を前にします。

右手は顔の前、左手は自然に脇にします。

姿勢はこんな感じですか?

さて、クッションをどう入れるかですが、

背中に一つ、

左ひざの上に一つ、

抱き枕に一つ、

その抱き枕の上に左手を乗せる感じだといいですね。

こんな感じになります。

いかかでしょうか?

言葉ではなかなか伝わらないかもしれませんが、

ご了承いただきたいと思います。

スポンサーサイト

<< コラム -241- 介護の基本 体位変換改め寝返り介助編 -3-  TopPage  コラム -239- 介護の基本 体位変換編 -1- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/281-75a10d37




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。