~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -242- 第22回介護福祉士国家試験合格発表!!  TopPage  コラム -240- 介護の基本 体位変換編 -2- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/282-77c7fd49


コラム -241- 介護の基本 体位変換改め寝返り介助編 -3-

介護の基本、体位変換編の3回目。

タイトルが変わっていることにお気づきだと思いますが、

寝返り介助にしました。

なぜか?

それは先日、三好春樹氏の講演会があり、講演を聴いた時の話で、

体位変換という言葉より、寝返り介助という言葉の方がいい!!

という話があった。

詳細は、直接講演会に行って、是非聞いてみてください!!

私にとって、三好春樹氏の講演は、日頃の仕事での行き詰まりを解消してくれます!!

またやろう!!って思わせてくれますよ!!

さて、本題。

今回の例題は・・・

Aさん(86歳)女性、左麻痺があります。

寝返りにも介助が必要です。

右側臥位にして、シーツを直してください。

という問題。

まず、右側臥位にしなければいけません。

介助が必要と言ってもできるところはしていただかなければいけません。

寝返りは実は介助しなくても結構できます。

認知症の方はチョット難しいかもしれませんが・・・。

方法は、膝を立てて、頭を向きたいほうに向ける、

これでできる方もいますし、

頭を持ち上げて、立てた膝を向きたいほうに倒す、

これでほぼできます。

その言葉での介助はしなければいけません。

あと、少し膝と肩を軽く支えるか、

少し介助が必要な方もいらっしゃいますが、

その辺は臨機応変に!!

これで、右側臥位になりましたね。

このときに介助者はご利用者の向く側にいてくださいね。

実際の介助場面では介助者のいないほうに向けているかもしれません。

しかし、それは安全面への配慮に欠けた方法です。

排泄介助のときなんかは仕方ないかもしれませんが、

そう理解していたほうがいいと思います。

そして、シーツを直しますが、シワになっているのなら、

寝返りをしていただいた段階で直します。

シーツがめくれたりしているときは、

安楽な体位を取っていただいてから、

そばを離れることを説明して行います。

安楽な体位は前回載せていますので参考にしてみてください。

こんなところでしょうか?
スポンサーサイト

<< コラム -242- 第22回介護福祉士国家試験合格発表!!  TopPage  コラム -240- 介護の基本 体位変換編 -2- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/282-77c7fd49




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。