~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -246- 介護の基本 起き上がり編 -4-  TopPage  コラム -245- 介護の基本 起き上がり編 -3- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/287-3673a3d9


コラム -246- 介護の基本 基本的な考え方

介護の基本・・・

と題して、介護に関わる全てにおいての介助の解説や介護の考え方を書いています。

今は、介護の基本動作、起き上がりについて書いています。

起き上がりは介護福祉士の国家試験に100%ではないですが、

ほぼ毎回出てきます。

皆さん、どうしてだと思います?

試験として介護の資質を見るときに、

食事や排泄は試験としては見るところに限界がありますよね。

でも、起き上がりや歩行はそれがないですね。

だから試験に出やすいと思うんですが、

食事や排泄の方が

起き上がりや歩行介助より同じかより多いくらいの実質介助量だと思います。

また、ご利用者にとっては、

起き上がりや歩行が目的で利用はしていないですよ。

食事や排泄、入浴などの介助をしてもらう為にご利用されているわけなんですよね。

そのために起き上がりや歩行の介助が必要ではありますが・・・。

介護って?介助って?

なんて聞くと、起き上がり・・・なんて答えることが多いと思います。

でも実際ご利用者は・・・。

実は介護者の介護に対する考えとご利用者のしてもらいたいことへのずれがあるのかもしれませんね。
スポンサーサイト

<< コラム -246- 介護の基本 起き上がり編 -4-  TopPage  コラム -245- 介護の基本 起き上がり編 -3- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/287-3673a3d9




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。