~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -250- 介護の基本 立ち上がり編 -3-  TopPage  コラム -248- 介護の基本 立ち上がり編 -1- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/291-59137f6c


コラム -249- 介護の基本 立ち上がり編 -2-

介護の基本・・・

2回目の今回は、

例題の実際の立ち上がりの解説をしていきます。

では例題を確認します。


Aさん(86歳)女性、左半身麻痺。

ベッドに端座位になっています。

立ち上がりには介助が必要です。

車イスに移っていただいてください。


という例題。

それでは、立ちますよ!!

体調を確認。

靴を履きます。

そのときなのですが、できるだけ体から手を離さないようにすることです。

支えがなくても、座っていられるか?

を聞いて、手を離しても大丈夫か否かを確認すると手を離しても大丈夫なんですが、

安全を考えると、手を体に触れていることは良いことでは?なんて思います。

そして、手を触れているとモデル(ご利用者)の動きを感じることができますね。

話がずれてしまいましたが、

次に、右手で車イスの手すりを掴んでいただき、

足はできるだけ引いてもらいます。

麻痺があったら健側の足を。

できるなら両足。

麻痺側の脇を支えて立っていただきます。

介助の手順はここまでです。

ここからどう立っていただくか?

になります。

立っていただくにもメカニズムがあります。

人の動きには法則や規則があります。

それは関節や筋肉の動きで立つからです。

そこを少し理解すると、

立ち上がりの介助は楽になります。

そこは次回書いていきます。

次回立ち上がり完結予定!!
スポンサーサイト

<< コラム -250- 介護の基本 立ち上がり編 -3-  TopPage  コラム -248- 介護の基本 立ち上がり編 -1- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/291-59137f6c




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。