~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -265- 介護の基本 歩行編 -10-  TopPage  コラム -263- 介護の基本 歩行編 -8- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/307-4669ecda


コラム -264- 介護の基本 歩行編 -9-

介護の基本、歩行編。

杖歩行について書いていますが、

いかがでしょうか?

介助の仕方まで書きました。

今回は、チョット細かいことを書いてみたいと思います。

杖歩行は、もちろん杖を突きますよね?

その杖の突き方や突く方向によっても

歩行のしやすさが変わります。

123のリズムで歩行する場合は、

若干からだの前に突いたほうがより安定します。

なぜ安定するのか?とお思いでしょうが、

杖、右足、左足で三角形を作るからです。

だから体の前に杖を突いたほうがより安定するのです。

では、12のリズムではどうでしょう。

12のリズムは123のリズムより歩行のペースは速いです。

その為、体の前に杖を突いては歩行の邪魔になります。

患側と同じ動きで同じ幅で杖を突くことがより良い突き方になります。

どうでしょう。

杖の突き方一つで歩行のしやすさや安全性も変わってしまうのです。
スポンサーサイト

<< コラム -265- 介護の基本 歩行編 -10-  TopPage  コラム -263- 介護の基本 歩行編 -8- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/307-4669ecda




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。