~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -270- 介護の基本 歩行編 -15-  TopPage  コラム -268- 介護の基本 歩行編 -13- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/312-e420518f


コラム -269- 介護の基本 歩行編 -14-

介護の基本、歩行編。

歩行器での歩行介助について書いています。

さっそく例題を確認します。


Aさん(86歳)、女性、マヒ等はありません。

歩行器を使って歩行しますが、

介助が必要です。

ベッドに座っています。

歩いて椅子に腰掛けていただいてください。


という例題でした。

前回は、ベッドから立ち上がって、

歩行器に移乗するところを触れました。

前回も書きましたが、

歩行器に掴まって立ち上がりはしないほうがいいと思います。

柵等を掴まって立っていただいてから

歩行器に移った方が安全だと思います。

さて、その歩行器に移乗するときですが、

介助者は、しっかり歩行器を掴んでいてください。

そして細心の注意を払ってください。

歩行器は、歩行する姿勢になることで安定します。

片手だけしか掴んでいないととても不安定です。

ですから、

介助者はご利用者が歩行姿勢をとるまではしかり歩行器を安定させてください。

歩行姿勢が取れましたら、

歩行していただくのですが、

その歩行の付き添いや介助の仕方ですが、

これは、ご利用者によって違います。

歩行の仕方によって変わります。

前からの介助が良い方、

横からの介助が良い方、

後ろからの介助が良い方。

その方によって変わります。

次回はそこを書いていきたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -270- 介護の基本 歩行編 -15-  TopPage  コラム -268- 介護の基本 歩行編 -13- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/312-e420518f




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。