~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -286- 介護の基本 食事編 -11-  TopPage  コラム -284- 介護の基本 食事編 -9- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/328-529f6e45


コラム -285- 介護の基本 食事編 -10-

介護の基本、食事編。

食事介助について書いています。

前回は、

食事介助をする時のタイミングについて書いてきました。

いかがだったでしょうか?

タイミングとは人それぞれです。

そこをどう観察しケアをしていくか?

が、大切です。

さて今回は、

介助をするときに遭遇する細やかな部分を書いてみます。

一つ目は、

一口の量について。

皆さんは、食事介助をするとき、

どのくらいの量をスプーンに箸に載せて介助していますか?

これって小さいことかもしれませんが、

実は結構重要な部分だったりします。

スプーンに載せる量が多ければ、

誤嚥の原因にもなり、

少なければ、

機嫌を損ねてしまったり、タイミングがずれてしまったりします。

ご利用者一人ひとりにあった適切な量を

適切なタイミングで、

介助することがご利用者にとって、

より良い食事になると思います。

食事介助とは、

ご利用者一人ひとりに、より良い食事を提供することだと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -286- 介護の基本 食事編 -11-  TopPage  コラム -284- 介護の基本 食事編 -9- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/328-529f6e45




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。