~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -287- 介護の基本 食事編 -12-  TopPage  コラム -285- 介護の基本 食事編 -10- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/329-a4ab24e0


コラム -286- 介護の基本 食事編 -11-

介護の基本、食事編。

食事介助について書いていますが、

前回は、介助するときの一口の量について書きました。

細かい部分ではありますが、とっても大事なところです。

細部まで考えることが介護の基本といっても過言ではありません。

ですから、このブログで何回か書いたと思いますが、

食事介助は簡単ではないということです。

さて、今回書くのは、

咀嚼力と介助について。

ご利用者の咀嚼力によって介助の仕方は変わります。

介助の仕方といっても、食物を口に運ぶ前にどのくらい刻むか?ということです。

ご利用者の咀嚼力が分からないと、どのくらいの大きさまで刻んでいいかわかりません。

ということは、

食物が大きすぎて誤嚥したり、

細かすぎて不満をもつこともあります。

咀嚼力を知り、より良い大きさに刻んだ上で介助をする

それがご利用者にとって、より良く、そして満足した食事介助ができると思います。

まあ咀嚼力は、介助云々とは関係なくご利用者全員把握しないといけない部分ではあります。

咀嚼と嚥下は、食事の介護をするうえではとっても大切なところです。

たかが食事介助・・・、

されど食事介助なんです・・・。
スポンサーサイト

<< コラム -287- 介護の基本 食事編 -12-  TopPage  コラム -285- 介護の基本 食事編 -10- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/329-a4ab24e0




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。