~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -306- 介護の基本 排泄編 -11-  TopPage  コラム -304- 介護の基本 排泄編 -9- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/348-0dfb9d20


コラム -305- 介護の基本 排泄編 -10-

介護の基本、排泄編。

今回からは、例題を使ってトイレ誘導の解説をしたいと思います。

さて、それでは例題を出したいと思います。


Aさん(86歳)女性、左半身麻痺

排泄は時間で声をかけています。

時間ですのでトイレにお連れしてください。

立ち上がり、立位はつかまればできます。


という例題です。

どうでしょう。

時間で声をかける・・・なんて

あまり試験にはでないですよね。

でも、シチュエーションをリアルにすることで

ケアの方法もリアルになりますよね。

介護福祉士の試験は、

正直、漠然としていると思います。

だから、これ!!

って答えがないですよね?

まあ、それがいい!!ということもあるのですが、

実際の介護の場面ではこんな時どうしたら・・・ってことって多いですよね?

このブログはそんなかゆい所に届く内容にしたいと思ってます。

それでは次回から解説したいと思います。

ただ・・・

この例題だけでも漠然ですよね?

麻痺があって、つかまれば立てる・・・なんて

いろんなシチュエーションが考えられますよね?

そこは解説しながら、補足していきたいと思います。
スポンサーサイト

<< コラム -306- 介護の基本 排泄編 -11-  TopPage  コラム -304- 介護の基本 排泄編 -9- >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/348-0dfb9d20




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。