~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 被災地支援へ!?  TopPage  第23回介護福祉士国家試験 実技試験解説⑥ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/378-018f3c70


第23回介護福祉士国家試験 実技試験解説⑦ 安全・安楽のキーワード

前回までは、

先日行われた第23回介護福祉士試験実技試験の解説として、

自立支援をキーワードに解説を行いました。

さて今回は、

2番目のキーワード、

安全・安楽について解説していきたいと思います。

まずは問題を確認しておきます。

山下たくみさん(75歳)は、右上下肢に麻痺があり、すべての動作に一部介助が必要です。

歩行は杖を使用しています。

右利きでしたが、左手を使って、趣味の絵手紙と習字を始めました。

椅子に座っている山下さんをテーブルまで歩行介助し、椅子に腰かけさせてください。

その後、趣味の活動ができるように準備し。用具を持つまでの介助をしてください。

山下さんは、はい、または、うなづくのみです。


という問題でした。

自立支援と安全の違いは、

自立支援は、声かけ優先

安全は、実際の介助優先

の介助方法だと思うんです。

自立支援は、実際の介助より

自分で行っていただく為に声をかけることが優先されます。

安全は、その方の動きに合わせて

安全に動作ができるように見守り介助することですよね。

そこが違いですね。

自立支援を安全に行う・・・

なんてまとめてしまうと分かりやすいですか?

安楽は、

痛みがない・・・

苦痛がない・・・

快適・・・

ということ。

気分は悪くないかの確認や、

苦痛はないかの確認が主になるかと思います。

そなんところを踏まえて、

今回の試験問題に当てはめると分かりやすいかと思います。

今回の試験は、

立ち上がる、

歩く、

座る、

選ぶ、

というのが大まかな動き。

その中でどう安全に注意して・・・

どう安楽に動いていただくか・・・

を考えてみると分かると思います。

次回、試験に沿って解説します。
スポンサーサイト

<< 被災地支援へ!?  TopPage  第23回介護福祉士国家試験 実技試験解説⑥ >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/378-018f3c70




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。