~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 介護のコツ-35- 入浴編  TopPage  介護のコツ-33- 入浴編 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/418-c095fff6


介護のコツ-34- 入浴編

入浴って

ご利用者の皮膚の観察をする絶好のチャンス。

内出血や傷、

腫れ、

褥瘡、

さまざまな皮膚の状況を観察できますよね。

通所においては、

入浴が通所サービスのみのご利用者なら

余計、入浴以外の皮膚の観察が大切なことが分かります。

とにかく、

客観的に状況を観察して、

異常の発見から、

原因や対応を考える。

褥瘡などは、

早期発見に気づかないと、

治療に時間がかかります。

入浴は、

入浴することだけが目的ではなく、

そんなところにも目的があるんです。
スポンサーサイト

<< 介護のコツ-35- 入浴編  TopPage  介護のコツ-33- 入浴編 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/418-c095fff6




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。