~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -35- 認知症の方の排泄①  TopPage  コラム -34- 認知症の食について  >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/43-8b186a4b


第4回ケアの楽校定例会報告!!

 本日3月17日(月)19:00よりこころのさとディサービスセンターで開催しました。参加者は14名でした。
内容としてまず、意欲がなくなっているお年寄りへのアプローチについて少し話をさせていただきました。意欲が低下しているお年寄りへのアプローチと言えば声かけや趣味活動などですよね?
 私の経験のなかで、寝たきりだったご利用者様が活気を取り戻したケースで、その方は動きたがらないご利用者様で、でもトイレに行こうとお誘いしていました。なんとか歩けるのですが自分の意にそぐわないとすぐ怒りました。でも懲りずにアプローチをし続けました。そしたら徐々に活気を取り戻していったのです。“怒る”これも本人が活気を取り戻すきっかけになるのかな?と思った経験でした。
 そんな話をしてグループワークに入りました。今回は、徘徊について話をしました。徘徊の原因や理由、そしてその対応を個人で出して、グループでまとめてもらい、その後、徘徊って言われるものはどんなものなのか?と考えていただきました。結論はでませんでしたし、ないとも思います。しかし、徘徊と言うものはこういうものだ!と決めつけることはできないんだ!!という結果がでた気がします。徘徊に関しては奥が深く、みなさん大変悩んでいただきました。大変申し訳ありませんでした。すごいモンモンとしたグループワークだったと思います。参加された皆さんお疲れ様でした。
スポンサーサイト

<< コラム -35- 認知症の方の排泄①  TopPage  コラム -34- 認知症の食について  >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/43-8b186a4b




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。