~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説5  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説3 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/464-2ab0a125


第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説4

第24回の介護福祉士実技試験の解説を行なっています。

さて、

問題を確認してみたいと思います。

田中ひろさん(87歳)は、左上下肢に麻痺があり、衣服の着脱と移乗の動作に一部介助が必要です。

車いすの移動は全介助です。

いすに座っている田中さんは、上着を着て、車いすで外出することを希望しています。

外は寒いので、寒くないように準備し、途中にある段差を越えて、玄関まで移動の介助をしてください。

車いすの点検は済んでいます。

田中さんの返事は、「はい」または「うなずく」だけです。

(試験時間は5分間以内です。)

という問題でした。

前回は、

移乗のところを触れました。

今回も引き続き書いていきます。

さて、車椅子の位置はどうでしょう?

まあ車椅子は、最初にそばにつけるのが通例ですが・・・。

それはどうしてか?

椅子に座って安楽なことを確認してからなりますが、

安楽だということは、そばから少し離れても良いということ・・・

だからその時に車椅子を持ってくるのです。

戻りますが、

まずは、椅子に浅く腰掛け直していただきます。

右手で椅子の脇をつかんていただき、

自分の力を利用して、右側の腰を手前に動かしていただきます。

左側は介助をします。まあできないところを手伝う・・・どんなニュアンスですね。

そしてから、右手を車椅子の右肘部分をつかんでいただき、

立っていただきます。

その時に足の位置は確認します。

私の場合ですが、

椅子に少し斜めに腰掛けていただく方が移乗が楽だと思います。

右腰を左腰より若干浅く座っていただくということ。

すると足の位置も良く、

立ちやすくもなり、

移乗動作の範囲も少なくてすみます。

そんなことで立っていただきます。

さて、ここからはまた次回。
スポンサーサイト

<< 第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説5  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説3 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/464-2ab0a125




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。