~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説7  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説5 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/466-33c230a5


第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説6

第24回介護福祉士国家試験の合格発表がありましたね。

合格されたみなさん、

おめでとうございました。

これからは介護福祉士として、

介護を真剣に、

そして、楽しく、

これからのお年寄りの為にがんばってください。

さて解説ですが・・・

問題を確認します。

田中ひろさん(87歳)は、左上下肢に麻痺があり、衣服の着脱と移乗の動作に一部介助が必要です。

車いすの移動は全介助です。

いすに座っている田中さんは、上着を着て、車いすで外出することを希望しています。

外は寒いので、寒くないように準備し、途中にある段差を越えて、玄関まで移動の介助をしてください。

車いすの点検は済んでいます。

田中さんの返事は、「はい」または「うなずく」だけです。

(試験時間は5分間以内です。)

という問題でした。

今回は、深く椅子に腰掛ける方法のもう一つの方法でしたね。

それは、立ち上がりながら深く座っていただくというやり方。

実は、皆さんもこうやって座り直していると思います。

今回も浅く座ってしまった場合に

深く座り直す必要があります。

その時に立ち上がりの動作の途中までを行います。

というのは、

お尻を浮かすということです。

お尻が浮いたらあとは深く腰掛けるだけです。

その時のもう一つの注意点は、

足の位置です。

座り直す時に、

足をもう一度引く必要があります。

そうすることでもり深く座ることが出来ます。

こんな形で深く座っていただきます。

介助者は、

モデルの前に立ち、前に体が行くのを防ぎます。

これが私のやる方法です。
スポンサーサイト

<< 第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説7  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説5 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/466-33c230a5




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。