~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< 介護のコツ-65- 基本動作編  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説6 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/467-8ce6fe3e


第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説7

解説も7回目になりました。

なかなか前に進まなくてすみません。

しかし、解説しだすとたくさんのポイントや方法があるのです。

さて、解説を続けましょう。

問題を確認します。

田中ひろさん(87歳)は、左上下肢に麻痺があり、衣服の着脱と移乗の動作に一部介助が必要です。

車いすの移動は全介助です。

いすに座っている田中さんは、上着を着て、車いすで外出することを希望しています。

外は寒いので、寒くないように準備し、途中にある段差を越えて、玄関まで移動の介助をしてください。

車いすの点検は済んでいます。

田中さんの返事は、「はい」または「うなずく」だけです。

(試験時間は5分間以内です。)

という問題でした。

前回までで車椅子への移乗は完了しました。

あと、フットレストへ足を乗せるときは、

右足を使ってフットレストを下ろして乗せていただきます。

その際、左足は手伝っても良いですが、

出来るなら右足と右手を使ってフットレストを下げて足を乗せてください。

さて、次に衣類の他に毛布が置いてあるようです。

その毛布をかけるか否かを確認します。

ここも尊厳の部分ですね。

そして、移動します。

前に進みます。

曲がります。

段差を超えます。

車椅子が傾きます。

全て声かけ誘導してください。

でないと不安ですよね?

そして、段差ですが、

ティッピングバーを足で踏んで前輪を上げます。

ここを踏みながら行うと衝撃が緩和されます。

そして、前輪を下げて、今度は後輪を上げます。

この時は、段差をなめるように乗り越えるといいでしょう。

再度移動し、安全、気分の確認をし、終了になります。

といった感じになるのかな?

と思います。

これで一通りの解説は終わります。
スポンサーサイト

<< 介護のコツ-65- 基本動作編  TopPage  第24回介護福祉士国家試験実技試験 解説6 >>

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/467-8ce6fe3e




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。