~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -5-  TopPage  コラム -4- >>

コメント

はじめまして。「きらり」の営業している山本です。
認知症こそ、その人を見なければなりませんし、その人の人生を知ることだと思います。
私も、5年半在宅介護をしていただので、色々なケースを見てきましたが、その人を知ることが第1歩だと思います。
介護業界に携わる者として今後とも、宜しくお願いします。

2008.01.26   ホーム・スイートホームきらり   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/8-346a38c0


このサークルについて

 このサークルへの思い・・・。それは、施設・事業所によって考え・思いが違うことへのつまらなさからだった・・・。
 認知症の方の介護をしている私は、まず症状を見ないで、“その人”を見ることを重要としてきた。認知症の周辺症状があっても、なんでその行動を起こすか?利用者のことを考えるとその行動は実は普通ではないかと考えるようにしてきた。また関わりでなんとかならないかと考えてきた。
しかし、私の勤務する事業所から他の施設・事業所を利用すると、見れない大変だとの声を聞くことが多い。大変なのは当たり前でしょ仕事だもん。
 大変だと思うのは、職員目線だから利用者目線なら、その利用者の性格や生活暦などを勘案して見る。そこで行動の中にその人らしさを出したりすることがある。そんなところを見つけると、そうだよな・・・とか、なるほど・・・と思う。
その人のことも考えず認知症状だ!!と決め付けて大変だ見れないではなく、私達介護職・福祉職は、認知症を大変だと思うことをやめ、その人らしさを見つけ、その行動の意味を探ることを楽しみにしてほしいそう思う。
スポンサーサイト

<< コラム -5-  TopPage  コラム -4- >>

コメント

はじめまして。「きらり」の営業している山本です。
認知症こそ、その人を見なければなりませんし、その人の人生を知ることだと思います。
私も、5年半在宅介護をしていただので、色々なケースを見てきましたが、その人を知ることが第1歩だと思います。
介護業界に携わる者として今後とも、宜しくお願いします。

2008.01.26   ホーム・スイートホームきらり   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/8-346a38c0




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。