~ ケアの楽校だより ~

定例会の報告をしたり、介護について思うこと・・・考えること・・・を書いていきたいと思います。 主催者のわがままで自由に書いちゃうかもしれませんが、ご容赦ください。


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<< コラム -79- 認知症の方の移動⑥  TopPage  コラム -78- 認知症の方の移動⑤ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.06.17      編集

入浴拒否

ちょっと前の記事に対するコメントですみません。

入浴拒否だけでなく、生活全般に対する拒否のある方で、家族状況的にも問題の山積している利用者さんです。
被害妄想によりデイサービスへ行けなくなり3ヶ月。
他事業者へ変更しましたが、なかなか上手くいきませんでした。
それでも、彼は根気良く、採算度外視で、時間の許す限り利用者宅を訪問し、馴染みの関係を作り・・・・・
2ヶ月経った先週、2-3の時間減で初めてデイサービスへ連れ出し入浴が出来ました。
「温泉行こうって誘ってんのに、俺が服着てたらおかしいじゃないっすか?」
と、文字通り彼は裸の付き合いをしてくれました。

ボランティアと混同してはいけないと思うし、
介護保険上という点に於ける是非については追求しませんが
それでも、その若い管理者に感動しました。たいしたもんだな・・・と。

最近、何事も困難が多く内向的だったのですが、ちょっと救われた気がしました。

2008.06.22   木下   編集

木下さんへ

コメントありがとうございます。

私もなんかうれしくなりました。

『仕事』というカテゴリを脱して、
その人をなんとかしたい!!
って思うこと、
私は共感します。

真剣に向き合う・・・
私が思うところ、
認知症の方の場合、
ホントに真剣に向き合おうとしないと、
認知症の方にはすぐ分かってしまいますね。
だから、気持ち、心が、
とっても必要だと思います。

その方は
気持ち・心・意欲を持ち合わせていらっしゃる。
かっこいいな・・・。

2008.06.23   atsu   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/91-4bdec35c


第6回ケアの楽校定例会報告!!

本日、6月16日(月)19:00~
河東町農村環境改善センターにおいて、
第6回定例会を開催しました。
参加者は11名でした。

内容は
まず、介護技術研究部の開設について説明しました。(HP参照)

その後は、認知症についてのグループワークをしました。
今回は、『入浴拒否』について。
いつもどおり個人作業からグループで話し合いをしました。
個人作業では、自分の経験などから
『どんな言葉でどんな理由で拒否をして、
どんな理由で対応したのか』
を、書いてもらいました。
それを、グループで発表して、みんなに発表して、
みんなで共有しました。
そして、それを自分の広がりにしてもらえたらって思って行いました。

次に今、入浴拒否で困っていることはないかをグループごとに話してもらいました。

最後に、『入浴拒否についてまず考えることは何か』
を話し合って、グループごと発表して終わりました。

詳しくは、HPで公開いたしますのでお待ちください!!
スポンサーサイト

<< コラム -79- 認知症の方の移動⑥  TopPage  コラム -78- 認知症の方の移動⑤ >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2008.06.17      編集

入浴拒否

ちょっと前の記事に対するコメントですみません。

入浴拒否だけでなく、生活全般に対する拒否のある方で、家族状況的にも問題の山積している利用者さんです。
被害妄想によりデイサービスへ行けなくなり3ヶ月。
他事業者へ変更しましたが、なかなか上手くいきませんでした。
それでも、彼は根気良く、採算度外視で、時間の許す限り利用者宅を訪問し、馴染みの関係を作り・・・・・
2ヶ月経った先週、2-3の時間減で初めてデイサービスへ連れ出し入浴が出来ました。
「温泉行こうって誘ってんのに、俺が服着てたらおかしいじゃないっすか?」
と、文字通り彼は裸の付き合いをしてくれました。

ボランティアと混同してはいけないと思うし、
介護保険上という点に於ける是非については追求しませんが
それでも、その若い管理者に感動しました。たいしたもんだな・・・と。

最近、何事も困難が多く内向的だったのですが、ちょっと救われた気がしました。

2008.06.22   木下   編集

木下さんへ

コメントありがとうございます。

私もなんかうれしくなりました。

『仕事』というカテゴリを脱して、
その人をなんとかしたい!!
って思うこと、
私は共感します。

真剣に向き合う・・・
私が思うところ、
認知症の方の場合、
ホントに真剣に向き合おうとしないと、
認知症の方にはすぐ分かってしまいますね。
だから、気持ち、心が、
とっても必要だと思います。

その方は
気持ち・心・意欲を持ち合わせていらっしゃる。
かっこいいな・・・。

2008.06.23   atsu   編集


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバックURL
http://aizuchihou.blog51.fc2.com/tb.php/91-4bdec35c




Copyright ©~ ケアの楽校だより ~. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。